Airblock

プログラミングが出来る!モジュラー方式の知育ドローン

Airblockとは

1Airblockの紹介

「STEM教育」って知っていますか?

アメリカをはじめとする、世界の教育シーンで重視されている

※STEM教育とは、これらの頭文字のことです。
※STEM教育とは、これらの頭文字のことです。

今プログラミング教室も増加中!

mbot_sec1_img_02

プログラミングが学べるドローンが登場!

airblock_product_img

自宅で簡単にプログラミング学習ができ、

airblock_point

などが、プログラミングによって得られます。

POINT 1

airblock_point1_img_01

飛ばしてみよう!!
「ドローンモード」

Airblockは発砲ポリプロピレンを使用しており、また、落下時・衝突時にバラバラになって衝撃を和らげるため、屋内でも安全に使用することができます。プログラミングを応用して飛ばしてみましょう。
※推奨使用環境:縦横高さそれぞれ3m以上の室内空間

airblock_point1_img_02

2台あればレースもできる!
「ホバークラフトモード」

Airblockのホバークラフトモードは、室内の床や、波やしぶきの立たない水面で使用できます。複数あれば友達とレースで競って遊ぶこともができます。
※推奨使用環境:平らな地面での使用 ​※防水ではない為、水上では波やしぶき、障害物のない所でご使用ください

airblock_point1_img_03

いろいろ組み替えてみよう!
「カスタムモード」

モジュール式のブロックで色々な組み立てが可能です。ハードウェアとソフトウェアと両方を組み合わせることで、無限の可能性が広がります。
※推奨使用環境:平らできれいな床、もしくはテーブルの上など

POINT2

スマホ・タブレット向けアプリを使い、ブロックをドラッグ&ドロップして、
初心者でも簡単にプログラミングが学べます。

airblock_point3_img_01

アプリでできること(例)

・プログラミングをして飛ばすときに、超音波センサーで測る距離に従ってライトの色をコントロールできる!
・飛行中に角度が変わるとそれに合わせてライトの明るさを変化させる!
・操作端末を傾ける向きと同じ方向に飛ばすことができる!
ドローンモードだけでなく、違うモードでもプログラミングを応用することで多種多様な遊び方を実現できます。

POINT3

飛行中に落下してもバラバラになるので、
衝撃を分散できます。

airblock_point2_img_01

モジュールにも耐衝撃の工夫

まわりに発泡ポリプロピレンを使用し、モジュールを衝撃からまもります

airblock_point2_img_02

FAQ

購入前のご質問は

musio_sec7_img

営業時間10:00~18:00(※年末年始、特定休業日等を除く)
TEL0120-680-367 (フリーダイヤル)

購入後のご質問は

基本操作

アップデート情報

makeblock_app_icon
appstore

最新Version:3.1.2

googleplay

最新Version:3.1.2.2